ネトウヨ大百科掲示板 361809

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


ネトウヨ界隈に急増中の反香港デモ派

1:S :

2020/06/02 (Tue) 08:02:23

この一ヶ月、自粛中の5月期はネトウヨウォッチャーにとって色々と興味深い事象が様々に観測できた時期でしたが、
皆さんはどうお過ごしでしたしょうか?
ぜひ管理人さんや皆さんに注目していただきたい話題を投下します(できれば管理人さんにも記事として取り上げていただきたい話題です)。

皆さんは香港デモってご存知ですよね?去る5月の終わりについに中国政府が『国家安全法』なる悪法を施行しました。
それに対して、当然我が国のネトウヨ界隈からも反発の声が上がるか…と思われたのですが、上がったには上がったのですが、興味深い事象が起きました。
ネトウヨの中に、反香港デモ論が目立つようになったのです。

特に、ある歯科医らしきネトウヨが、香港デモの中核に立つ香港衆志の中心メンバー、周庭(アグネス・チョウ)氏に『デマ(陰謀論)』で絡みました。
https://twitter.com/chowtingagnes/status/1266207704877391873
https://twitter.com/4kametar/status/1267441418764578818

今もツイッターの検索候補には『周庭 スパイ』『周庭 嘘』『周庭 怪しい』などと表示されてしまう状態です。

さらに、つい先日アメリカのミネソタ州で警官による黒人暴行事件に端を発した暴動が起きましたよね。
それに対し、トランプ大統領がANTIFA(アンチファ)をテロ組織認定して、にわかにネトウヨ業界が活気付きました。
アンチファは日本の左翼界隈とも根深い関係があるグローバルな市民組織(ぶっちゃけ誰でも名乗れる)だし、いわゆるしばき隊のような過激派左翼、行動左翼に分類される武闘派です。
抗議行動に際しては怒りによるデモや暴動も辞さない、実力行使で主張を訴える、という腕力集団です。

確かにそういう先鋭集団に対しての見方や評価は様々あるし、香港デモも一部が香港衆志のコントロールを離れて暴徒化してるのは事実ですが、
今度はネトウヨ界隈に『香港デモもジョージ・ソロス』なる根拠不明のデマ(噂)が飛び交うようになりました。
ジョージ・ソロスというのは件のミネソタ暴動の仕掛け人とみなされているアンチファの一員です。

結果、香港デモはアメリカの左翼が仕掛けた、だの(日本のSEALDsが香港衆志と友好関係にあるように、そりゃ世界中の民主派リベラル勢力はデモ側の味方だし、交流するだろうと思います)、
逆にちょっと前まではCIAが仕掛けた(そして周庭氏はCIAのスパイ扱い)だの、NED(全米民主主義基金)なる組織に操られてるだの、
ありとあらゆる素っ頓狂な陰謀論のデパートと化した状態になってしまいました。
はっきりいってまあ、日本の恥だと思います(SNS民度の低さ、知的水準の低さを露呈しちゃってて)。

そしてこの現象を注意深く、冷ややかに観察していると、あることに気づきます。
『ネトウヨの媚中派の増加』です。
それまでは猫も杓子も中国叩きだったネトウヨに、確実に中国に甘い論調(特に香港への白色テロ・強権政治容認論)が出てきているのです。
これには以下の様々な理由が考えられます。

・安倍政権が媚中路線的だから、合わせざるを得ない(中国批判を控える)。
・中国の反リベラル反民主的な強権政治、巨大政党主義の大きな政府社会主義、愛国民族主義による国粋全体主義は、ネトウヨとしても理想とする政治形態であるため、批判や否定が難しい。
・本来の反米保守的な古典右翼的思想と、媚中路線(アジア主義、反欧米リベラル思想)は相性が良い。
・単にリベラルが嫌い(中国憎しよりリベラル憎しが勝つ)。
・アメリカに対するスネ夫(従米)から、中国に対するスネ夫(媚中派)に転向。

それと反ネオリベ的な陰謀論者がやたらと香港デモ批判(陰謀論)を垂れ流してるのが目立ちます。
同時に、こういう反ネオリベ思想の濃い保守層は、それまでの親米従米ネトウヨと違い、本来の右翼や保守左派みたいな反米保守色が強いです。
アジア主義的で反欧米志向が強く、ついでにロシアとプーチンに対しても好意的な評価をしてる人がやたらいる(北方領土の件に対しても安倍にもプーチンにも怒らない)。
ただ、トランプに対してだけは反ネオリベという見方で高評価(アメリカをロシアや中国のような、反リベラル反グローバルな国粋社会主義に変えてくれることを期待してる模様)。

結果、ネトウヨも反中・親香港デモ派と、媚中・反リベラル・反香港デモ派の、真っ二つに分かれてる様相です。
ただ、問題は後者の方がさらにカルト濃度が高くて、病的な陰謀論者が多すぎること。
まさかネトウヨの内ゲバを比べて、片一方が片一方のネトウヨよりマシに感じる時代が来るとは思いませんでした。

皆さんはこの問題、どう思われますか?
私は、日本の内部から媚中世論、中国迎合の空気が作られることで、ますます中国の横暴、権力拡大の暴走をけん制できなくなると思うので、割と由々しき問題だと感じてます。
大げさじゃなしに、それこそ今度は日本側が満州のような立場で、中国の国家社会主義イデオロギーに日本も同一イデオロギーの同盟圏・連帯国として取り込まれてしまうように感じます。
4:大百科初心者 :

2020/06/02 (Tue) 15:43:21

2点補足します。

まず、「媚中」の話からは少しずれるのですが、「覇権国」としての「中華人民共和国」について論じる際には、今後この国も日本や韓国と同様、急速に「老いてゆく」ということを忘れてはならないということです。長期に渡った「一人っ子政策」の後遺症で、少子高齢化の勢いが止められないでいるということです。今のアジアで少子高齢化現象がが最も酷いのは韓国(合計特殊出生率が0.9)であり、次に日本ですが、今後始まる中国人口の減少が世界に与える影響は、日韓における人口減少の比ではないと思っています。その状況で、中国が今の経済的地位を保ち得るのかは、まだわかりません。

もう一点は、今の「中華人民共和国」は「個人の幸福」よりも「国家社会全体の経済発展」を優先し、GDPのような「数値」を最重視していますが、人口減少に転じたその後に、「中華人民共和国の習近平皇帝」が一体どのような国家像を提示してあの国を牽引してゆくのか、全くわからないということです。ある程度の経済的成功を収めたその後は、GDPが多少伸長しても国民一人一人は豊かさを実感できないとか、貧困層の生活は相変わらず苦しいままだとかいうことは、日本人がイヤというほど経験しています。無論GDPも資産も大きいに越したことはないのですが、それだけではダメだという気持ちが、徐々に大陸側の中国人の中にもマグマのようにたまってゆく可能性はかなりあると思っています。

ちなみに米国は、人口が徐々に増えています。既得権益層のアングロサクソンが増加したのではなく、ヒスパニック系などによる増加とされています。トランプが露骨で厳しい移民抑制政策をとっていることから、米国も今後どうなるかはわかりません。ただ、人口が増える余力は、中国よりも米国の方が強く、これは米国がちょっとやそっとではへこたれないことの現れであるようにも感じます。

目指す国家像と人口ピラミッドの形は切っても切れない関係にあると思います。今後の大陸側の中国が「習近平終身皇帝」を戴き続けることができる保証はどこにもないという可能性も、頭の片隅にちょっぴり入れておくべきだと思っています。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.