ネトウヨ大百科掲示板 361789

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


今こそ小池百合子について語ろう

1:普通じゃない日本人 :

2020/04/09 (Thu) 04:47:36

新型コロナでとにかく目立っている東京都知事、小池百合子。
あの絶望の党事件以来終わった人と見られていた彼女だが、そんな小池百合子にいま復活の兆候が見られるらしい。
自民都議連は恐れおののいているとのことだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00000563-san-pol

コロナ以前と以後で状況は様変わりしている。
そうである以上、小池百合子について今一度語るべきなのではないだろうか?
私は語るべきだと思っているのでこのスレを建てました。
2:S :

2020/04/09 (Thu) 07:47:40

私ははっきり言って嫌いで苦手な人ですが、国の体たらくに対して相対的にリーダーシップが素早く見えるので、このコロナの件で支持と名誉と評価をだいぶ回復させたでしょうね
相対的に、国政に対する評価はガタ落ちで、安倍政権への不信感は致命的なまでに上昇したと思います
率いている組織規模の違いもありましょうが、もし安倍が小池百合子ばりに対応が素早くて、小池百合子が安倍ように緊急時にモタモタした人なら立場は逆だったでしょうが

今後は、国政に対する不信感と、小池百合子をはじめとする地方自治の長のそれぞれの対応の素早さに対する評価などで、支持を伸ばす人はどんどん出てくるし、本格的に地方分権論・中央集権の限界論が進むんじゃないでしょうか
自民党をはじめとする国政議員たちとしては、国政不信と地方分権が進んで自分たち国政議員の存在感が希薄化し、やがては国民から必要もされなくなっていくことが怖かったから、
小池百合子や橋下徹みたいな人物(地方分権志向の強い、反国政的な地方自治の長)の飛躍に警戒心を抱いてきて、どうにかして自分たちを安泰にさせる中央集権制の維持に努めてきて、それが安倍が自民に担がれてきた一番の理由だし、時代の要求の小さな政府思想・構想に抗うように、増税を重ねて大きな政府体制の維持に努めてきたわけです

しかしその増税政権の大きな政府が緊急時に役にも立たず、安倍は頼り甲斐とカリスマ性のある国父的なリーダーシップが備わっていないと分かった以上、
もはや強大な権力、強い国家、強い政党、強いリーダーに身をゆだねて守ってもらおうという旧態の思想は限界で、
道州制・連邦制、さらなる民主化、国民自治、地方分権の小さな政府、減税政権(政府の縮小)が求められていくと思います
なにせ増税を繰り返した挙句、緊急時に自己責任と言われちゃうんですからね
だったら税金返せ、ってなるのが国民感情と国への冷徹な評価だし、中央・永田町からの自主自立を目指したほうが良いです

そうなると、台頭してくるのは東は小池百合子、西は橋下徹でしょうね
もう一つ、普段から大阪都構想や地方分権論を掲げてきた日本維新の会も、小池百合子同様に評価とニーズが上がると思います
保守界隈も中央集権・大きな政府(強権国家)支持の国家主義者のネトウヨと、
地方分権支持・州都構想(小さな政府)の維新の会寄りの保守層とに分断するんじゃないでしょうか
山本太郎や立憲民主党もリベラルの立場から減税のための小さな政府論を唱えてきたので、追い風になるでしょう
自民でこういう考えを持ってきたのは石破茂さんですが、それだけに自民内部で危険人物の異端者として嫌われて、警戒されてきたので
今後自民がどうなるかですね
私は国政自体が求心力を失って衰退し、地方分権運動が活性化して、自民も分裂気味になるんじゃないかと予想してます
保守層(変革を嫌う中央集権論者)は安倍と心中でしょうね
現代の様相はまさに幕府(中央集権)が倒れる寸前の状況って感じです

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.