ネトウヨ大百科掲示板 178745

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


あいちトリエンナーレについて語るスレ

1:普通じゃない日本人 :

2019/08/05 (Mon) 21:31:01

みんなは今回の騒動、どう思ってる?
36:S :

2019/08/10 (Sat) 12:16:17

×ブランディングとは、要するに『どういう客層が寄ってくるようにしたいのか』、プロデュース・マネジメントに関わる需要なプランです
○ブランディングとは、要するに『どういう客層が寄ってくるようにしたいのか』、プロデュース・マネジメントに関わる重要なプランです

×こういうのを、二十歳そこそこ鈍くな社会経験のない大学生YouTuberとか
○こういうのを、二十歳そこそこのろくな社会経験のない大学生YouTuberとか


あとこの問題に関する議論を眺めてて思ったのですが、表現の自由擁護の観点から、津田氏を擁護する立場でこの問題を語る人が目立つことに、私は違和感を禁じ得ません
その違和感の正体は何か?といったら、多くの人がどうも『表現の自由とは、モラルやマナーを欠いても構わない自由(身勝手)のこと』だと思ってるようなフシを感じるからです

もっと言えば、表現問題に限らず、かなり多くの人が『自由とは無責任でいいこと、配慮や遠慮やモラルやマナーは排除して、好き勝手にして構わない粗暴・無作法の権利』だとどうやら思ってるらしいと感じます

しかし、本来『自由にはむしろマナーもモラルも重要な成分として含まれる』のです
『ルールや規制(法治)で自由を抑圧・抑制されるのが嫌だったら、やりすぎないように自分自身の自治、自己判断能力、自制心、自粛、自重意識を高めて、配慮、遠慮、思慮、慮り、思い遣り、気遣い、気配りを強化して、人治で対応するしかない』のです
だから、手塚治虫も『どんな事を書いてもいいのだが、基本的人権だけは遵守しなければならない』と書いていました
これを破ると、マナーとモラルが崩壊すると、その時にこそ規制という檻が強化される
無法状態になった、マナーもモラルもない猿同然になった人間社会は、無法者を檻に閉じ込めて対応するしかなくなるからです

そして、芸術『監督』なんて船頭たる責任ある立場の者は、人一倍その自己判断ができる人物でなければいけないんです
その人の判断ミス如何によって、船団は丸ごと氷山へ突っ込み、大事故を起こす
遭難し、さまよう
車の免許と同じです
やって善い事、悪い事、物事の判断の良し悪し、すべてにおいて慎重を期さなければ、自分だけでなく、社会も関係者も全て巻き込んで大騒動になる
判断能力とは、責任能力です
表現の自由の話ばっかりで、津田氏のカジュアルでポップな監督責任姿勢の軽率さ、判断の甘さ、危機管理意識の欠如、監督としてのその責や過ちを問う声が、少なすぎると感じます

多くの人が、今回の展覧中止を日本の右傾化の表れだ、全体主義の片鱗だ、表園の自由の危機だ、と騒いでいますが、私は違うと思います
危機なのは、『発信者・表現者側のモラル崩壊の危機』です
そして、『モラルとマナー(人治)の崩壊による、ルール・規制(法治)の強化』なんです

ここをわかっていないでこの問題を見てる人が、多すぎると感じます

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.