ネトウヨ大百科掲示板 178752

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


あいちトリエンナーレについて語るスレ

1:普通じゃない日本人 :

2019/08/05 (Mon) 21:31:01

みんなは今回の騒動、どう思ってる?
24:ベントブルー :

2019/08/07 (Wed) 18:05:57

テロ予告によって企画展が中止になった。先ず第一に重要な問題点は、テロ予告や脅迫で脅せば自分たちの思うように出来ると思わせてしまったこと。
これは表現の自由を決定的に後退させ、萎縮させてしまう事になる。全く許容できないことだ。

まずこの犯人を徹底的に捜査して、このことは不法行為で、断固として日本社会はテロ、テロ脅迫は許さないという意思表示をすることではないのか。
まず国民へのアピールとして公的な立場にある人が政治家がジャーナリストが知識人がしっかり声をあげるべきだ。

ところが、テロをめぐる問題では、政権や名古屋市長の反応が全く的外れだ。
特に名古屋市長の発言は的外れどころか全く逆の暴言とさえ言える。
国民の心をふみにじる・・・とは多数の国民とは必ずしもいえないのではないか。
税金を使って云々・・・ここは大村知事の言うとおりだ。
公的な立場にある者、組織が企画の内容そのものに口出しすることは最もやってはいけないことだ。検閲につながる動きになる。
もちろんこれは内容の左右を問わない。例えば慰安婦の存在を否定する展示で有っても同様だ。政治的などんな表現にもいえることだ。

左派的な出し物には右派が反対し、右派的なイベントに左派が異議を申し立てる。
そんなことはどちらも思想信条に基づく当然の意思表示であり全く問題ない。きちっと議論する場がつくられるべきだろう。
ただこれが脅迫的言動を伴ったり、ましてや暴力的な妨害、テロ活動など起きればこれは全く話は違ってくる。

歴史的に見ればテロ・暴力で自らの政治的意志を主張した事件はいつの時代も国を問わず多々あった。
特に日本の戦前では政府が、またそれにおもねる国民自身により戦争に疑問をはさむ人々を脅迫、テロまがいで追い詰めその意志表示を奪ていった。
その先に無残な結果をみた。絶対に戦前の轍を踏んではならない。

一方主催者のこういうデリケートな問題、考え方が異なり対立が激化している問題を扱うときの事前の活動、安全、警備面での認識の甘さなどは批判されてもやむをえない。
また、表現の自由を盾に安易にどんなことでもやっていい、言っていいということにはならない。

表現する以上、節度を持ち、表現の意図(抽象的、具体的問わず)を納得させるだけの努力をおしまないこと、その表現が持つ社会的責任は自覚する。
過度に挑発的な表現は慎む。これは最低限のマナーだと思う。
こういう自覚なしに安易に表現の自由はいうべきでない。表現の自由のレベルを落とすような事をしてはいけない。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.