ネトウヨ大百科掲示板 152295

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


やたらと海外移住を積極的に勧めるように言って来るネトサヨについて

1:頭端式ホーム :

2019/07/06 (Sat) 08:45:32

ネトサヨの一部には「日本に未来はないから海外に脱出すべき」などと言っているのがいますが、
日本国内で上手くやっていけないような人が海外でいい生活ができると思っているのでしょうか?
このような海外移住を進めるサイトがありますが、記事は日本バッシングばかりで異常としか思えません。
なぜ、革新政党や労働組合など左派の団体と協力して日本を変えようと考えないのでしょうか?
https://ga.hatenablog.com/

あと、海外移住にも様々なリスクがあり、このような記事もありました。

「タイで優雅な年金生活」の夢が破綻、大惨事も
http://news.livedoor.com/article/detail/13271170/

資産フライト思惑ハズれ…海外移住した富裕層が続々と帰国中
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/145567

はっきり言って一部のネトサヨは夢を見すぎている気がするんですよね。皆さんは海外脱出についてどう考えていますか?
上のサイトや記事を見てから書き込んでほしいと思います。

26:S :

2019/09/06 (Fri) 17:25:36

>>24
長ったらしく書いたのであんまりちゃんと読まれてないのかもしれませんが
繰り返しますが

『アメリカの時代はもう終わり』、これがまぎれもない今の、これからの現実です

さらにドナルド・トランプとその支持層を見れば分かる通り、『アメリカでも国家社会主義・白人主義の民族主義志向が強まっている』
状態ではあります
要するに、『アメリカのロシア化』です
今後、ヒラリー・クリントンなり、バーニー・サンダースなり、リベラル派や社会自由主義者の民主党政権の大統領が誕生すれば、多少は軌道修正されたり、緩和されるかもしれません
しかし、一度トランプ政権とともに構築されてしまった共和党支持者の民族保守主義者、白人主義者たちの反リベラル社会主義志向は、アメリカのロシア化(民族社会主義化)という病をなかなか治癒させないでしょう
移民で発展してきたアメリカが、白人主義で自ら移民排斥を始めたのですから、今後、ナチスからユダヤ人富裕層が脱出してますますドイツが貧しくなったように
アメリカから脱出する人材の流出も止まらなくなるし、資本の流出も起き続けると思います
もちろん、アメリカの国民の大部分は実際にはリベラル層で、トランプがすべてのアメリカ国民に支持されてるわけではないですが
トランプがこの数年でアメリカにもたらした致命傷は、更に早くアメリカの将来の寿命を縮める結果になったと思います
加えて、石油の時代の終わりはアメリカの時代の終わりを意味するし、バッテリー社会がもたらす未来は中国一強経済時代の未来の到来を意味します
そんな未来を踏まえて『現実的』だとおっしゃるなら

『アメリカに見切りをつけ、中国に付くのが最も現実的な選択』だと言えます

実際、それで欧州(旧西側)は『アメリカ離れ』を起こしているし、反アメリカ・ナショナリズムの台頭も、
ロシアにしろ、韓国にしろ、それぞれの国は『将来のアメリカ時代の崩壊』という近未来の現実を見据えてる選択なんです
アメリカが負けるわけない、滅びるわけない、と思う20世紀の冷戦時代で止まったままの感覚は、現実的なんじゃなくて30年前の感覚で止まったままの思考停止です
かつて大英帝国(イギリス)も、アメリカのような田舎の植民地に負けるわけない、と誰もが思っていたら、負けました
イギリスからアメリカの時代へ交代したように、アメリカから中国の時代への交代も必ず起きる現実です

もうすぐやってる中国一強の新しい時代、民族主義・反リベラルの台頭
この現実に身を委ねろ、とおっしゃるなら、むしろ日本もこのまま社会主義化してしまうでしょう
なぜなら、日本は小国で、単一ではアメリカにも中国にも対抗できず、そのどちらかに飲み込まれてしまう運命で、アメリカが終わってしまうのが現実な今、このまま放っておけば日本も民族主義・国家主義の保守左派運動から社会主義化し、結局は中国やロシア側の社会主義経済圏に飲みこまれるからです
要するに、日本が民族主義の社会主義国になったところで、北朝鮮くらいの立ち位置の小国に堕ちるのが宿命だからです
韓国の文在寅は自分から進んで韓国を反リベラルの民族社会主義国に改造しようとしてるわけです
格差拡大の自由主義からの逃避、離脱をしようとして

私はそれを避けたいから『リベラルな国でいたいなら、アメリカや欧州の旧西側とも、中国やロシアとも距離を置き、自主独立の堅持に努めなければならず、そのカギを握るのは日亜関係と環太平洋の連携であり、リベラルな共同経済圏・社会圏の構築が重要』だと考えます
つまり、大昔の大東亜共栄圏のやり直しであり、アジア版のEU構想であり、反グローバリズムの流れへ逆行した、むしろリベラル・グローバリズム社会の再構築です
アメリカや欧州、韓国が民族主義に染まり、自ら中国やロシアのような民族社会主義の国になろう、というのなら、日本はその流れに乗らず、距離を置くべきだからです
自由民主主義の国のままでいたいのなら

その課題として、リベラルとグローバリズムによって格差が拡大した、とする、反リベラル・反グローバリズム・ナショナリズムの保守左派・民族社会主義・保守社会主義・国家社会主義の民族感情・右翼感情(ネトウヨ・ポピュリズム)を緩和するために
リベラルで自由な社会と経済体でありつつも、国内産業や労働者を手厚く保護し、格差拡大の解消に努め、社会保障を重んじなければなりません
つまり『社会自由主義』こそが、私はリベラリズムを守り保ちつつ、日本の社会主義化を阻止し、自由主義経済圏・国家を堅持する唯一の方法だと考えてます
プライドを捨ててアメリカにしっぽを振る犬に墜ちつつ、矛盾した民族主義を志向してしまう腰抜けのネトウヨや、新自由主義経済で格差拡大をさせつつ、格差対策になんら手を入れないで国粋主義を広げる安倍政権の欺瞞のやり方では
N国党みたいなポピュリズムに狂ったおかしな運動や正常な判断力を失った追い詰められた国民を生み出すだけで、国家社会主義成立への道であり、逆効果です
ナチスとヒトラーのような狂人の台頭を生む下地を作るだけです

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.