ネトウヨ大百科掲示板 361809

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


カッサンドラについて語るスレ

1:普通じゃない日本人 :

2020/07/30 (Thu) 17:59:28

みんな大好きカッサンドラ♪
危機を訴える予言者なのに、
予言を信じてくれないと破滅が訪れて予言した意味なくなっちゃう♪
予言を信じてくれると破滅回避出来るけど、そしたら今度は私が嘘つき呼ばわりされちゃう♪
一体全体どうすればいいの~( ;∀;)

・・・とまあこのスレはそんなカッサンドラのジレンマについて語るスレです。
2:大百科初心者 :

2020/07/31 (Fri) 01:05:35

アポロンとの関係がどうの…というカサンドラって、モデルとなる人物は実在したんでしょうかね。

それはともかく、カサンドラ予言に近い現代版予言といえば、『メタン・二酸化炭素などの温室効果ガスによる地球温暖化(海面上昇)と異常気象』の話でしょうか。

殆んどの滅亡予言というのは、ノストラダムス予言の二番煎じやカルト宗教絡みだったりで眉唾物ですが、地球温暖化に限っては、話が別のようです。

地球温暖化は、自然科学の分野において量子物理学から気象学に至るまで、様々な専門分野で理論付けと検証・実証がかなり済んでおり、もはや疑う余地もなく正しい話だと言ってよいと思っています。

しかし米国トランプ大統領のように、それを嘘扱いする人達も少なからずいます。明確に嘘扱いしなくとも、多少懐疑的な人ならもっと大勢いるでしょう(デスクや実験室やスパコンから出てくる話と地球規模の現実の話は違うという理屈なのかな?)。

大抵は石油や天然ガスの利権がらみからそういう言動が生じてくるようですが、一方では脱炭素派の側も利権や政治のしがらみに縛られている場合が多く、両者の論争は醜いものになりがちです。

それにしても、米国の最高権力者が、二酸化炭素による地球温暖化の危機を唱えたり信じている人を公然と嘘つき扱いしているというのは、どうにもマズイ構図に見えます。
3:あああ :

2020/07/31 (Fri) 05:06:56

地球温暖化もそうですが、予想される結果についてネーミングするのを意識的に避ければカッサンドラのジレンマをなくせるのでは?と思います。
つまり、地球温暖化じゃなくて、CO2/メタンガス排出増とか(あるいはその具体的な行動についてとか)で表現する。

結果についてのネーミングをするから、信じるとか信じないとかの話になるわけですから、
事象についてのネーミングをするべきだと思います。

最近で言えば「レジ袋有料化」とかは事象に対するネーミングができてる例だと思います。
もしこれが、「海洋汚染がどうのこうの」というフレーズで議論されたら、間違いなく不必要に揉めますし、先のジレンマも発生しえます。


4:普通じゃない日本人 :

2020/07/31 (Fri) 12:28:04

あー、叫ぶなら「狼が来た!」より「ガキ一人に頼らんでも狼くらい検知出来るようにせいや!てか狼出そうなとこに何でガキ一人ほっといてんだ、親どこいった親は、毎度毎度とけネグレクトだぞボケェ」の方がいいとか、そんな感じ?
5:大百科初心者 :

2020/07/31 (Fri) 17:55:54

(屁理屈↓)

期限を区切ったり指定しないでよいなら、滅亡予言は必ずあたります。

それに宇宙物理学の通説では、約50億年後迄には太陽が火星の軌道あたりまで膨張し、地球は太陽に飲み込まれてしまうそうですから、その時までには地球上の生命は間違いなく全滅です。

それを信じるも信じないも、50億年先の話というのは、もはや予言としての実用性が殆んどありませんが…。
6:あああ :

2020/07/31 (Fri) 18:01:10

そうですね。ネグレクトはともかくですが、
予言者なら、狼が来る危険性を訴えるよりも、狼の検知方法を議題にする方がいいんじゃないかと思います。
7:大百科初心者 :

2020/07/31 (Fri) 19:16:44

きっと、カサンドラは次のように予言すべきだったんですね。

『木馬には十分注意せよ。中に敵兵が潜んでいる』と。

その結果、トロイ兵が木馬をひっくり返したりして十分点検すれば、トロイは敗北を免れる公算が出てくる。それなら、トロイは滅亡するという、漠とした予言すらもしなくてすむわけで…。

どうあってもトロイは滅ぶ、と予め運命を決めておくほどギリシャ神が意地悪だったからこそ、カサンドラには上述のような予言ができなかったのかもしれませんが…。その前段階として、予言は成就するが信用はされないようにしておく時点で、ギリシャ神はかなりの意地悪ですよね。

古今東西、滅亡予言のような不吉な話は、それが目に見える形で現われるまでは、誰もが信じたくないものではあるのですが…。
8:普通じゃない日本人 :

2020/07/31 (Fri) 19:30:51

>>6
そうそう。
もっと言えば「狼検知システム作れやボケ」より「狼検知システム作ったぞ採用しろやボケ」の方が良いし、欲を言えばそういうのの裁量権持った方が良い。
他人に理解して貰えなくとも自分自身は理解してくれるんだから。
9:大百科初心者 :

2020/08/01 (Sat) 23:03:38

>>8

その話を、カサンドラさんの原話にあてはめると、カサンドラさんが裁量権かなんらかの政治的な実権を持っていれば、ジレンマは生じないわけですね。

トロイ市民が木馬を城内に運び入れるのを禁止したり、木馬の焼却処分を命じたりすればよいのですから。あるいは自分自身が城外に出向いて行って、自らの手で木馬を焼いてしまえばよいわけです。

ジレンマが生じるのは、彼女が信用もされず、なおかつなんらの実権も持たないからなので。
10:普通じゃない日本人 :

2020/08/02 (Sun) 01:58:30

>>9
原話に当てはめればそうだけど、
それでも説得しなきゃならん人は二桁じゃくだらないくらいいるのよね、だってそれが民主主義だもん。
説明責任やら透明性やらを果たしてくだせぇ。。。
11:大百科初心者 :

2020/08/02 (Sun) 13:34:39

>>10

…そうですね……
カサンドラ王女に勇気があるなら、
『木馬を燃やせば全てがわかることだ。何も出てこなければ、そのときこそ、我が胸を突くがよい!』
などと啖呵を切って、カサンドラ自らの手でさっさと木馬に油を振り掛け、木馬を焼いてしまえばよいでしょう。その焼け跡からは、敵兵の焼死体がゴロゴロ発見されるはずですから、それで説明責任なら果たせるでしょう。

ただ、もしトロイ市民があまりにも愚かであれば、『焼く必要はなかったのだ。木馬に斧を入れ分解し、敵兵だけを見つけて処断し、木馬そのものは戦利品として残すべきだった。せっかくの戦利品を焼いたカサンドラの責任を追及せよ!』などという声が出て、それが力を得るかもしれません。もしそこまでトロイ市民が危機意識の薄い愚者ばかりなのであれば、やはりトロイは、どうあっても滅ぶ以外には道はなかったのだといえるでしょうね。
12:普通じゃない日本人 :

2020/08/04 (Tue) 02:07:53

>>11
てか敵兵が隠れられるような代物碌に確認せずに城内入れる時点で大分お馬鹿さんだよね

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.