ネトウヨ大百科掲示板 116700

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


もし戦後、ドイツ、イタリアのように日本がなったら…

1:頭端式ホーム :

2019/07/28 (Sun) 07:01:56

よく、一部のネトサヨは、
「ドイツはナチスの思想や国旗、国歌を禁止していかに自分たちが戦争でひどいことをしたか教育を行い、
イタリアも国旗、国歌を変更し、日本と違い、王室を国外追放していて日本も同じようなことを
すべきだった。」
というようなことを言っているのを見たことがあるのですが、もし日本で戦後同じことを実行した場合、左派が納得できるような
社会になっていたでしょうか?
ちなみにドイツ、イタリアでは極右政党が台頭して、このようなことをしても現在のような社会情勢は変わらなかったのではないかと
思いますが…
2:ネトウヨ研究会名誉会長 :

2019/07/28 (Sun) 16:49:04

GHQが占領政策を行う上で天皇陛下を利用することが得策だと思っていたように、あの頃の日本人の心の拠り所は天皇陛下でした。
左派が納得する社会がどんなものかよくわかりませんが、皇室が追放されていたら今の日本とは全く異なる国が誕生していたように思います。
3:S :

2019/07/29 (Mon) 10:28:37

ドイツっていう国は複雑な国で、左翼(ネトサヨ)の皆さんは人道主義の楽園と思ってらっしゃる方が多いですが
案外そうでもありません

なぜなら、世界有数の武器輸出大国で、軍需産業大国だ(世界第3位か4位をフランスを争う)からです
これは、同じく左翼(ネトサヨ)の皆さんが出羽守で理想視しがちなフランスも同様です

確かにドイツ(西ドイツ)は、戦後ナチス時代を反省して、徹底した反ナチス思想を教育してきました
しかしこれは、言い換えれば『飼いならし』のためです
戦後、ドイツ経済の復興の後押しになった重要な産業の一つが軍需産業で、だからドイツは軍需産業を国策として切れません
日本にとってのトヨタくらい、武器製造メーカーはドイツ経済にとって重要な輸出企業だからです

なぜそうなったかというと、西ドイツやベルギーなど旧ドイツ領のナチスの軍需工場が、戦後流用されて西側諸国の武器製造を助けた、
という歴史的な背景があるからです
つまり、朝鮮戦争や、ベトナム戦争、湾岸戦争、現代のイラク戦争など中東の数々の紛争に至るまで、ドイツ製兵器や銃器が広く使われ続けた
有名な国際規格の9mmパラベラム拳銃弾も、もともとは戦時中ナチスドイツ軍が使用していたため戦後世界に普及した拳銃弾だし、
5.56mmNATO弾も、ベルギーやオーストリア、西ドイツの旧ナチス工廠で大量に製造されたものが、戦後西側諸国(NATO)に普及していきました
フランスもこうしたナチス占領時代の負の恩恵を、自国の軍需産業として再利用してる国です

つまり、西ドイツ(現ドイツ連邦)って国は国丸ごと『アメリカ・西側諸国にとっての巨大な軍需工場』です
このせいで、ドイツは人道路線の政治とは裏腹に、未だに世界でアメリカ・ロシアに次ぐ量の武器・兵器を製造し、
世界中にばらまき、殺人の道具で経済が支えられてる、死の商人国家という暗い側面がある

人道的にナチスの思想を捨てたというよりは、アメリカの飼い犬としての政策だった、というわけです
昨今、ドイツでも再びナチズム・極右の危険な傾向が強まってるのも、そのせいです
根っからナチスの思想を捨てられていたわけじゃなくて、西側諸国として仲間入りする都合で、戦勝国のアメリカが望む教育・歴史観がもたらされていた
日本のネトウヨに似ていますが、向こうにもこうした戦後観とアメリカが施した占領教育への反発心で、ナチス回帰の動きがあるわけです

それもこれも、『冷戦が終わったから』だと言えます
冷戦時代はアメリカという飼い主に従う犬で安定していた経済・政治が、ソ連という仮想敵を失って、アメリカ一強支配時代の崩壊と迷走も始まり、ドイツでも脱アメリカ・反アメリカの機運が強まったからです
4:S :

2019/07/29 (Mon) 10:55:09

そして、ドイツと日本は立場上似てる面もあれば、辿った歴史も姿勢も正反対な面もあります

日本とドイツの大きな違いは『皇統の存続』と『憲法(軍需産業の排除)』にあると言えます
確かに日本は、ドイツに比べて戦争への反省が不十分だ、と批判する向きがあるかもしれません
しかし、言い換えればこれは『日本はドイツほどアメリカの犬にならなかった』からだとも言えます

その防波堤の一つとして、機能したのが天皇制(皇統)です
戦犯をA級戦犯たちにおしつけ、日本は皇統を(民主主義にしたとはいえ)守り抜きました
それによって、日本は『アメリカを天皇の代わりに据えなかった、拒否した』とも言えます

もちろん、実際には日本はまだまだ抵抗しきれてない面が多いし、特に安倍晋三とその祖父の岸信介のような
親米売国、日本のアメリカへの切り売りを押し進めるような政治家もいます

しかし、ギリギリのところで『日本はアメリカの一部ではない』というアイデンティティーを強く持って踏みとどまっていられてるのも
皇室の存在によって過去の日本の歴史、戦前戦中やそれ以前からの日本と地続きの歴史観を持ち、断絶しないでいられてるから、とも言えます
これがまず一つ

次が、9条をはじめとする憲法の存在です
もちろん、数十年前と現在ではすでに情勢が変わっていますから、今のままでの憲法ではアメリカ支配への防波堤になりきれなくなってる面はあると思いますが
憲法が日本をアメリカの占領国として傀儡化する圧力への防波堤として守り続けてきたのも、また事実であると思います
その大きな力として、ドイツと違って憲法を盾に『軍需産業の排除に成功してきたから』だと言えます

今日本に危機があるとしたらこの点です
憲法を悪い方向へ変えるか、形骸化させ、武器輸出三原則の禁を破り、無力化し、日本を実質第二のドイツとする
これが究極の売国です
日本はドイツのように、アメリカやその協力国にとっての軍需工場かつ、軍産市場として経済植民地化する、ってことです
私は、安倍政権がそこまでして憲法を変えたがってる本当の狙いは、こっちにあると見てますね

もし日本が、天皇・国民を含む徹底した戦犯責任追求と、(アメリカをはじめとする戦勝国側にとって都合のいい)戦時反省をもっと徹底して行い、
かつアメリカからの自主独立を保つための憲法を持たず、傀儡化していたら、左派が望んでいた通りの日本のドイツ化は起きていたでしょう
しかしその日本のドイツ化とは、アメリカをはじめとするNATO加盟国のために積極的に武器を作り、武器を売り、それで儲ける国のことです
http://www.newsdigest.de/newsde/column/dokudan/4281-924/

左派は出羽守も結構ですが、何処かの国を桃源郷のように思う前に、その国の暗い歴史にも目を向けて欲しいですよね
理想の外国などないのだから
5:頭端式ホーム :

2019/08/04 (Sun) 05:45:49

>>2
>皇室が追放されていたら今の日本とは全く異なる国が誕生していたように思います。
自分は天皇制廃止論者ではありませんが、皇室があっても無くても日本人の国民性や国家構造は
極端に変化することは無かったと思います。
今の、皇室の形が作られたのは明治になってからですし、それ以前は表に出てくるものでは無く、天皇のことは天子様と
江戸時代まで一般的に言われていましたしね。


>>3>>4
つまり、左派が理想とする国には程遠いものになっていたということでしょうか?
そんな社会になっていたら、中沢啓治や井上ひさしなど天皇制廃止論者はどんな反応をしていたか気になりますね。
あと、中韓の言いなりに日本はなっていた可能性が高いため日本周辺諸国との関係はそれほど悪くはなっていない
感じにはなっていたとは思いますが…

6:S :

2019/08/04 (Sun) 06:52:41

>>5
フランスやドイツは、アメリカとロシアほどではないにせよ
世界で3番目と4番目を占める軍需産業大国で、武器輸出大国です
今もフランス製、ドイツ製の武器が世界各国に輸出され、殺人の道具に使われてる
例えばイスラエルなんかもお得意様ですしね

そのことに何も感じず、目を瞑ることができる自称左派やリベラルにとっては、天国だったんじゃないでしょうか
要するに『自分さえよければいい』人たちにとっては、今以上の天国みたいな日本だったと思いますよ
その代わり日本で製造された武器が、海外に渡って間接的に大量殺人に手を貸し続けてたと思いますけどね
7:頭端式ホーム :

2019/08/05 (Mon) 07:32:23

>>6
>そのことに何も感じず、目を瞑ることができる自称左派やリベラルにとっては、天国だったんじゃないでしょうか
要するに『自分さえよければいい』人たちにとっては、今以上の天国みたいな日本だったと思いますよ

私が挙げた天皇制廃止論者や既存の左派政党の政治家や活動家はそんなタイプの人たちではないと思いますが、
フランスやドイツの現実に目を瞑ることができる自称左派やリベラルは現在ですとどのようなタイプになるでしょうか?
8:普通じゃない日本人 :

2019/08/05 (Mon) 20:27:01

パヨクが…、圧倒的にパヨク成分が足りない……!!
9:頭端式ホーム :

2019/09/02 (Mon) 07:53:40

まぁ、何もかもドイツと一緒にするべきではないと思いますが、このように働き方はマネするべきだとは
思いますけどね。
やり方は過激かもしれませんが、以前自分が載せた木野氏のブログ記事のように外国人労働者をたくさん受け入れ、
彼らにデモや暴動を起こしてもらい、国を変えるしかないかもしれません。

https://twitter.com/Nito_8meta1/status/1167793037931466753
10:S :

2019/09/02 (Mon) 09:28:57

>>7
こちらの質問http://ntuy-labo.bbs.fc2.com/reply/7875028/13/とまとめて答えてしまいますが
頭端式ホームさんが>>9でも仰ってることは、ポリティカルコンパスで言う所の図の左下
http://207hd.com/wp-content/uploads/2017/03/%E7%84%A1%E9%A1%8C.gif
https://img.atwikiimg.com/www35.atwiki.jp/kolia/attach/1606/500/political%20compass2.JPG
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/i/inatei/20171009/20171009091837.png

いわゆる『社会自由主義』とか『社会民主主義』的な思想ですね
令和新撰組の山本太郎氏の主張がまさにそれでしょう

それに対して、いわゆる『冷笑系』、真正リベラル(徹底的な自由主義者、ネオリベ、リバタリアン)はグラフの右下
『デモなんて無駄』『社会運動なんか無駄』と言いがちな人たちですね
彼らは基本的に『自分さえよければいい』ので、社会の貧困や他人のことなんか気にしません
貧しくなったら、不安・不満があるなら(その国から)出ていけばいい
国外脱出、海外移住、移民万々歳、それが自由とグローバリズムの恩恵だ、って感覚になる
功利主義、利己主義者だからです

そういう人たちなら、仮に日本が今後軍需産業に手を出そうが、武器を大量に製造・販売して世界中に死をばら撒こうが
一切気にしない感覚の持ち主でしょう
極端で行き過ぎた自由主義者にはたまに自己責任論に基づいた麻薬肯定者・大麻肯定者を見かけますが
彼らが麻薬ビジネスで他人がいくら苦しめられようが弱者が踏みにじられようが社会が荒廃しようが気にしない感覚の持ち主なのと同じです
11:頭端式ホーム :

2019/09/13 (Fri) 21:30:38

ドイツにある民衆扇動罪についてブログにコメントしましたが、これについて、自分は同じようなもの
を日本にも導入するべきだと思うのですがどうでしょうか?
12:うさ :

2019/09/16 (Mon) 13:44:20

バカみたい

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.