ネトウヨ大百科掲示板 152290

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


自民党は憲法改正できると思いますか?

1:ネトウヨ研究会名誉会長 :

2019/07/03 (Wed) 22:53:03

近頃保守層から自民党は本当に憲法改正(特に9条)する気があるのか?という声が上がっています。
確かに改憲発議できる状況にもかかわらず、一向にその様子が見られません。
自民党安倍政権は憲法改正できると思いますか?
2:あああ :

2019/07/04 (Thu) 00:00:06

国民民主次第かな。
国民民主が立憲の支持率を上回ることになれば改憲するんじゃないかと思います。

憲法改正は自公がどうこうよりも、名目として与野党一致して発議っていうのがないと無理だと思うんですよ。
でないと「国民の分断だ」って大騒ぎになるはずなので。

で、立憲が改憲に応じることは多分あり得ない。
そうすると、国民民主が少なくとも支持率の上で野党第一党になって、
自民側が譲歩するというシナリオであれば改憲可能だと思います。

上記のシナリオ以外は不可能かなぁ。

3:微レ存 :

2019/07/04 (Thu) 05:40:18

改憲に前向きな自民、公明、維新だけで、衆参両議院とも総議員の3分の2以上を占めているので、憲法改正の発議ができる状態でした。でも、そうしなかったのは、国民投票で可決される見込みが立たなかったからでしょう。

反対派を交えて憲法審議会で審議し、改正案を作れば改憲反対派の意見も踏まえて作った改正案だという触れ込みができ、ついでにCM規制のない状態で国民を改憲CM漬けにすれば、国民投票でギリギリ可決されるかもしれませんが、野党から警戒されて憲法審議会に引っ張り込めてませんね。

現状では無理ですが、世論次第では改憲できます。韓国との仲がギクシャクしているので、向こうが軍事行動に出れば、一部メディアや国民が普段からコツコツ反韓感情を煽ってきた成果も手伝って国内で報復やむ無しの機運が盛り上がることもあるかもしれません。そうなれば、改憲派だけで改憲案作成、発議、国民投票とトントン拍子に進む可能性も微レ存です。
4:ネトウヨ研究会名誉会長 :

2019/07/04 (Thu) 08:15:18

>>2
維新の会は改憲に前向きなので、野党第一党になったら改憲ありそうですかね?
5:ネトウヨ研究会名誉会長 :

2019/07/04 (Thu) 08:17:18

>>3
そうかもしれません。そうやって考えると意外と改憲ってハードル高いですね。
6:S :

2019/07/04 (Thu) 08:44:46

今、安倍総理がビビってるのは『憲法改正』と『対イラン開戦』が同時期に起きる危機でしょうね
だからタイミングを逸した、見計らっているという面もあると思います

一つの政権が実行出来るのはどちらか片方だけが限界で精一杯だから
安倍総理の心情としては『憲法改正までは自分が引き受けたけど、イラン開戦なんて聞いてない。話が違う』
といった心持ちでしょう
憲法改正だけでも難しいのに、その直後かほぼ同時期に実際に戦争が起こって、アメリカに戦争協力を求められたら
どうサイを振っても政権は倒れるし、時の首相は失脚すると思う
最悪、安倍晋三個人としても、政治生命は再起不能でしょう(祖父の岸信介は安保問題だけでも政界追放ものの失脚だったし)

だから『憲法改正まではやり切るけど、やり逃げたい。戦争協力への責任は後任者や後世がとればいい』
といったところが現在の安倍総理の心境かと思います
まあ、胃がキリキリしてる状況でしょうね

ただ私たちが留意しなければならないのは、『憲法改正の結果、つけ、責任は、憲法を変えた当事者ではない後世の国民やその時の政治家が払わされることになる』
って点です
間違いなく現政権の人間、安倍晋三はやり逃げして、あとは後世の日本に何が起こっても知らんふりでしょう
本人の本音としては、できるなら自分が死んだあとに米イラン戦争が起きてほしい、といったところでしょうか
『ババ抜きのババを誰が引くか、誰に引かせるか』みたいなもんですよね、政治ってそういうものかもしれないけど
7:あああ :

2019/07/04 (Thu) 08:56:56

>>4
維新じゃダメかなぁ。元々改憲派ですからね。
より正確にいうと与野党一致というよりも、
改憲賛成派と改憲反対派が審議の結果一致して発議するっていうプロセスが求められると思います。

改正の中身も大事ですが、それ以上に改憲賛成派と改憲反対派が歩み寄るという手続きが重視されるはず。
8:マリリン :

2019/07/04 (Thu) 18:42:02

>>3
この6年間、自民党の一強状態が続いていたのにほとんど議論が進捗してませんからね。
もし国民投票に敗北するようなことになれば、安倍総理は退陣が不可避になるうえに、現憲法に「国民投票による結果」という強力なお墨付きを与えることにもなって再発議はほぼ不可能なると思います。
こうなると「自主憲法制定」を党是に掲げる自民党と改憲派の立つ瀬がなくなってしまいます。
安倍総理はその辺りをよく理解しているのだと思います。リスクが大きすぎると。
微レ存さんが仰る通り、何らかしらの有事が発生し、世論の風が吹けば改憲が一気呵成に進む可能性もありますが、自分はそのような時代の風に依存した改憲は支持できませんね。
9:S :

2019/07/05 (Fri) 09:43:24

>>8
逆じゃないでしょうかね
有事っていうのが日本が直接攻撃された、とかなら
イラク開戦に踏み切ったアメリカの国民の感情的な世論(とは言っても、これもあとから急速に冷めて、共和党政権は倒れ、ブッシュは失脚した)みたいに
一時的に国民の怯えと怒りと反発から憲法改正の後押しになるかもしれませんが
現実的に起きる可能性が高い有事なんて、シリア・イラン戦争への派兵協力くらいなもんでしょう

まず、中国や韓国が日本に軍事行動を起こす、というのが100%ありえません
①に韓国にはメリットがない
韓国は北朝鮮との問題を抱えてて、日本とやりあう意味がない
そもそも経済的メリットがない(日韓はお互いに経済面ではかなり依存した関係)
何より双方に軍事拠点を置いてるアメリカが許さないでしょう

②に中国も日本を物理的に攻撃する意味がないです
まず第一に、『日本よりも中国の方が経済大国』だから
わざわざ自分より貧しく、劣ってて、これから放っておいても衰退するばかりのやせ細った国に、軍事力を割く理由がありません
中国は何もしなくてもこれから日本は勝手に弱るし、中国はその気になれば金、資本力のみで日本を買う(支配する、乗っ取っていく)ことが可能
資本主義による経済競争で日本に圧勝しちゃった国なんだから、中国は居上高に悠然と構えてればいいだけです
日本の方から中国に猫なで声で近寄って外交せざるを得ないのが現実なのだから(G20での安倍政権での中国への態度・対応を見ればわかる通り)

逆に、中東での戦争は今現実にシリアで起き続けているし、対イラン戦争もいつ起きたっておかしくはない状況です
アメリカははるか以前から、長年の待望としてイランを潰して、石油利権を奪い取りたいと考えてるから
国力が衰退し続け、その原因として戦争のやりすぎと、もはや石油の時代じゃなく、石油産業は衰退産業で、これから先電気自動車に取って代われて
縮小していく一方の、未来のない産業ですが、アメリカは長年石油にしがみついて、それで保ってきた国だから、馬鹿の一つ覚えと最後の悪あがきで
どうしても石油を独占して世界での威信を保ち続けたい、だから目障りな商売仇国は潰したい、って執念がある
中国が欧州と組んで電気自動車社会で世界を支配したいと考えてるから、なおさら焦りがある

中東での戦争と憲法改正のダブルパンチは、どんな政権にとっても致命的痛手だし
どう転んでも国民の大きな不支持が発生する、その政権にとっての致命傷ですよ
だから安倍政権は焦ってるし、慎重にもなるのだと思います
今このタイミングでイランとの戦争が起きて、アメリカに協力でも求められたら、どうしようもないですからね
そんな状況で憲法変えようとかしても、国民はすぐに中東への派兵(戦争参加)を連想するので猛反発でしょう
祖父の岸信介すら比じゃないレベルの非難と抗議(それこそ永遠にアメリカに国を売ろうとした売国奴として歴史に汚名が残る)を浴びて、安倍晋三個人の政治生命も終わりだと思います
10:(・_・) :

2019/08/05 (Mon) 00:28:54

出来るか出来ないかでは無く。 
国民が阻止しなければいけない案件でしょう。  

日本人が日本人のために日本国憲法を白紙から作り直す(-ε-)b" 

付け足しや、違法なこじつけ法改正では主権者たる国民には害しかありません。
11:黒い何か :

2019/08/05 (Mon) 12:53:46

自民ていうか、安倍政権の間には憲法改正は無理なんじゃないかと思う。
衆参両院で2/3議席を確保できてたこの数年間で何にも進展してないものが、以前より不利な状況で進められるワケがない。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.